サービスのご案内

プロフィール
山下律子

社会保険労務士 山下律子

早稲田大学法学部卒業後、食品会社など勤務を経て昭和55年に
S区役所に入職。
国民健康保険・国民年金・介護保険などの業務に携わる。
平成5年(1993年)行政書士、平成7年(1995年)社会保険労務士・
日本マンパワー認定年金コンサルタント資格を取得。
国民年金課では障害年金を担当、「相談に来ることすらできない
方々」の問題に気づく。
その後、介護保険課で「大逆転の痴呆ケア」の著者、和田行男氏
と出会い「専門職」の可能性に魅せられる。この出会いがきっか
けとなり、早期退職を決意。
平成21年(2009年)に障害年金専門の社会保険労務士として独立。

 

好きな言葉

 主よ、変えることのできるものについて
 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ
 変えることのできないものについて
 それを受け容れるだけの冷静さを与えたまえ
 そして
 変えることのできるものと、
 変えることのできないものとを
 識別する知恵を与えたまえ
          by.ラインホルド・ニーバー

会員

障害年金社労士の会 ゆいまーる

NPO法人 夢の地図(みんなの家 ゆめっこ)

障害年金法研究会